ネパール・ヒマラヤの国立公園の薪燃料消費に影響を与えるトレッカー, ポーター, ガイドの数の推定 Estimates of the Number of Visitors Impacting Forest Resources in the National Parks of the Nepal Himaraya

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 悌二 WATANABE Teiji
    • 北海道大学大学院地球環境科学研究科 Graduate School of Environmental Earth Science, Hokkaido university

抄録

サガルマータ (エベレスト山) およびランタン国立公園において, 薪の消費に影響を与える訪問者数の調査を行った。現地観察から, 薪の消費形態がグループトレッカーと個人トレッカーとで異なることがわかった。そこでまず, トレッカーをグループと個人の2つのカテゴリーに区分し, 1990~94年について, ネパール政府の統計資料からそれぞれの数を調べた。またグループトレッカーはポーターやガイドを雇うことが多いが, 個人トレッカーはそうとは限らない。ポーター, ガイドがトレッカー1人あたり何人雇用されるかについては統計資料がないため, 以下の推定を行った。グループトレッキングについては, 1990年と94年に, カトマンズの10の旅行代理店および野外で会った33グループから聞きとりを行い, 合計188グループについてデータを得た。また, 個人トレッキングに関しては, 野外調査中にすれちがったトレッカーに同行していたポーター, ガイドの数をカウントした。その結果, グループトレッカー1人につき, サガルマータ地域では平均1.85人のポーターとガイドが雇用されており (人間のかわりに荷物運搬に用いられるヤクの数を除く: ヤクの数を含むと平均3.75人), ランタン地域では平均3.14人が雇用されている (ランタンではヤクは荷物運搬に使われていない) ことが明らかになった。また個人トレッカー1人あたりに雇われるポーター, ガイドの数は, サガルマータ地域で0.23人, ランタン地域で0.32人であった。<br>このうち, グループトレッキングでは, ポーターのみが野外で木を燃やして調理をし, 他は石油を使用している。また個人トレッキングでは, 質素な宿泊所が利用されるため, トレッカーとポーター, ガイドのいずれもが, 宿泊所で薪によって料理された食事をとる。したがって, 薪の消費に関する議論では, 単にトレッカーの総数のみがとりあげられるべきではなく, トレッキングの形態別にトレッカーおよび彼らに付随するポーター, ガイドの数を扱い, さらに彼らの滞在日数を考慮する必要がある。入園した人の中から薪の消費に関わる個人トレッカーとそのポーター, ガイド, およびグループトレッキングに伴うポーターの数とそれらの平均滞在日数をかけてみたところ, サガルマータで24×10<sup>4</sup>人・日/年, ランタンで20×10<sup>4</sup>人・日/年と推定された。<br>本研究では, これらの訪問者が実際に消費した薪の量を明らかにすることはできなかった。しかし, 森林伐採を減少させるためには, (1) 個人トレッキングに関連した宿泊所での薪の消費量を減少させることと, (2) グループトレッキングのポーターが登山道沿いで消費する薪の量を減少させることの二点が重要であることが指摘できた。

One adverse impact by tourism in the Nepal Himalaya is deforestation resulting from the use of wood for fuel. The magnitude of this impact, however, has not yet been understood well. As a first step to gain such an understanding the number of visitors to Sagarmatha (Mount Everest) and Langtang National Parks was estimated for the period of 1990-94. Group and individual styles of trekking were distinguished because they exhibit different wood burning behavior, with individual trekkers consuming fuelwood at "hotels". Overall, 7, 077 group trekkers and 4, 629 individual trekkers visited Sagarmatha NP. The respective totals for Langtang NP were 3, 397 and 4, 964. The 1990 and 1994 surveys indicate that there were 3.75 guides and porters per group trekker and only 0.23 guides and porters (including porterage by yaks) per individual trekker in Sagarmatha NP. The corresponding ratios for Langtang NP are estimated as 1:3.14 for group trekking and 1:0.32 for individual trekking. In Sagarmatha NP the number of guides and porters is divided almost equally between trekking agency staff from Kathmandu and local porters. In Langtang NP local porters constitute nearly two thirds of the total. Among all these visitors, the average annual number of people who could contribute directly to wood consumption (i. e., individual trekkers, their guides/porters, and local porters for group trekkers) and the average length of their stay were multiplied to evaluate their impact in the two park areas. The calculated total number to Sagarmatha NP was 24×10<sup>4</sup> visitor·days and that to Langtang NP was 20×10<sup>4</sup> visitor·days. A reduction in impacts to forests may be possible if the following two goals can be achieved: (1) reducing wood consumption by individual trekkers and their guides and porters at "hotels, " and (2) reducing wood consumption by local porters along trails. Some specific measures to reduce wood consumption in the Nepal Himalaya are presented.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 49(1), 15-29, 1997-01-20 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695565
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4125908
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ