山梨県における商業地システムの変容 Changes in the Retail Central Place System in Yamanashi Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

山梨県における商業地システムは, 宮城県と同様に, 4つの階層から形成されている。その変容をみると, 高次商圏の競合により, 甲府市および富士吉田市の商圏が拡大し, ほぼこれら2都市の広域商圏に覆われることになった。しかしながら, これらの広域商圏内部には, 大規模な大型店が立地した副次的な中心地が新たに成長しつつあり, 商業地システムはより複雑化しようとしている。

The purpose of this paper is to analyse the changes in the retail central place system as the result of competition of trade areas. The Trade Areas Survey, utilizing the dyadic factor analysis in Yamanashi Prefecture conducted in 1986 and in 1992, are used in this analysis.<br>The results are summarized as follows:<br>Trade areas are divided into four levels in a hierarchy. These are trade areas at the regional center level, the local city level, the local town level, and at the village level. The results are the same as in Miyagi Prefecture.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 49(2), 94-104, 1997-04-30 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4201334
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ