インド東海岸クリシュナデルタの表層堆積物の^<14>C年代値とその地形学的意義 Radiocarbon Ages of the Sub-surface Sediments in the Krishna Delta, India, and Their Geomorphological Implications

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

インド半島東海岸のクリシュナデルタにおいて, 表層堆積物の年代測定と地形学的な調査を行った。約2,200年前の海岸線はクリシュナ河口から40km以上内陸側の浜堤群の内縁付近にあり, 約250年前までに平野の前縁部は約18km前進した。さらに最近の約250年間に5km以上の平野前縁の加速的な前進があった。この事は, インド半島東海岸の沖積平野が, 完新世海面高頂期以来の海面変化と関連して形成されてきたとする従来の見解とは調和しない。最近の急速な海岸平野の拡大の原因には, 作業仮説として流域環境への人為的な影響が考えられ, 詳細な議論のためにはさらに調査が必要である。

The geomorphological study and the radiocarbon datings of the sub-surface sediments in the Krishna delta, indicate that the strandline around 2, 200 years ago was located at more than 40km inland from the present river mouth, and the delta tront has prograded more than 5km in the last 250 years. These facts differ somewhat from the previous view on the formation of the alluvial plain in the east coast of India that has been thought to be closely related to sea level oscillations since the Holocene maximum transgression. The rapid progradation of the delta front may be caused by human impact in the upper reaches of the Krishna river, and more detailed data are required to confirm this hypotheses.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 49(3), 163-170, 1997-08-30 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695728
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4281969
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ