ビーチサイクルにおけるビーチフェイス勾配の変化 Beach Cycle and Beach-face Slope on Sandy Beaches

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

砕波帯相似パラメーターで近似される, 波の砕波区分図を用いて, ビーチサイクルにおける波の波形勾配とビーチフェイス勾配の関係のモデル的な考察を試みた。ビーチフェイス勾配の経験式より, 波の周期および底質粒径を一定とすると, 沖波波高が大きくなれば, ビーチフェイス勾配は小さくなり, 沖波波高が小さくなるとビーチフェイス勾配は大きくなる。この関係は, 砕波区分図上で, 反時計回りのループとして表すことができる。また, 砕波帯相似パラメーターにより, 砕波型式, 波の反射率, 相対打ち上げ高さが, ビーチサイクルに関連付けられる。

The relationship between wave steepness and beach-face slope was examined as a process of beach cycle using the breaker-type classification diagram, which can be represented in terms of surf similarity parameter. According to the empirical relation derived by Sunamura (1984), beach-face slope becomes large when wave height is small and it becomes small when wave height is large. This relationship can be illustrated as counterclockwise loops on the breaker-type classification diagram. Surf similarity parameter is valid for examining the relation of beach cycle to breaker types, wave reflection coefficient and wave run-up height.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 50(2), 119-125, 1998-06-15 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695954
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4504644
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ