日本における水稲うるち米品種の普及 -近年の良食味米の事例- Diffusion of Non-glutinous Paddy Rice Varieties in Japan : Cases of Recent Popular Paddy Rice Varieties

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 林 秀司 HAYASHI Shushi
    • 九州大学大学院比較社会文化研究科 Graduate School of Social and Cultural Studies, Kyushu University

抄録

近年育成されたいくつかの水稲うるち米の良食味品種の普及を, GISソフトの Arc/Info を使って作成した作付比率の分布図を用いて, 地域的普及の視点から明らかにした。<br>多くの品種の普及地域は育成道府県に限定されているが, あきたこまち, キヌヒカリ, ヒノヒカリ, ひとめぼれは比較的広範囲に普及した。あきたこまち, ヒノヒカリ, ひとめぼれには育成県とその周辺で高い普及率を示す距離減衰的な普及パターンを示すと同時に, 飛地的な普及パターンが認められた。一方, キヌヒカリは明確な普及の中心がみられず, 分散的に普及した。このような水稲品種の普及には, 奨励品種の指定等の政策的要因が影響していることが考えられる。

This paper illustrates the diffusion of some popular paddy rice varieties that have been developed in recent years, using distribution maps of cultivation ratios drawn with Arc/Info, a GIS software. Though most of the recent popular varieties have diffused within prefectures where they were developed, Hitomebore, Akitakomachi, Hinohikari, and Kinuhikari have widely diffused beyond prefectural borders. While Hitomebore, Akitakomachi, and Hinohikari have widely diffused in developed prefectures and surrounding areas, they have spread to other prefectures apart from developed ones. In contrast, Kinuhikari has not diffused from any one particular prefecture. It has tended to spread irratically from place to place. The diffusion of popular paddy rice varieties is influenced by local governmental designation of recommended varieties.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 50(2), 126-138, 1998-06-15 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695974
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4504645
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ