東北地方における果樹栽培地域の気候環境について Climatic Environments of Fruit Growing Regions in Tohoku District

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東北地方の果樹栽培地域の気候条件を, ソーンスウェイトの方法による可能蒸発散量, 水不足量, 水過剰量を用いて検討した。対象とした果樹は, 温帯性落葉果樹であるリンゴ, ブドウ, モモ, カキである。<br>東北地方の果樹栽培地域には, 福島盆地, 山形盆地, 津軽平野南部などの他, 馬淵川中・上流域, 北上川中流域, 横手盆地などがある。これらの地域は, いずれも相対的に可能蒸発散量と水不足量が大きい地域となっており, 乾燥して温度的にも恵まれた地域である。<br>全国的に裁培されている北部温帯果樹のリンゴと中部温帯果樹のブドウについて, 主産地における単位面積当たり収量と可能蒸発散量の関係から, それぞれの果樹のポテンシャル収量を明らかにした。最も収量が多くなる可能蒸発散量は, リンゴは約680mm, ブドウは約780mmで, 100mmの違いが認められる。地域的に見た場合, 単位面積当たり収量が最も多くなるのは, リンゴは山形県, ブドウは山梨県である。<br>山形県を例として果樹の収量と可能蒸発散量および4月~9月の水過剰量の関係を求めた。ポテンシャル収量は, いずれも可能蒸発散量が680mm~690mmで水過剰量が小さな, 乾燥した条件下で最も多くなる。ポテンシャル収量が最大となる4月~9月の水過剰量は, 果樹によって異なり, リンゴは177mm, カキは95mm, ブドウは29mm, モモは6mmと, リンゴが最も湿潤な条件に, モモが最も乾燥した条件に適応している。水過剰量がこれより大きく湿潤な場合には, いずれも収量の減少が著しいことが明らかになった。

The core regions of fruits growing show the prominent features of "Landshaft". In this paper, climatic environments of these fruits growing regions in Tohoku district were analyzed based on potential evapotranspiration (PET), water deficit and water surplus by Thornthwaite method (1948). Apple, grape, peach and persimmon were examined here. The results are as follows:<br>(1) The main fruits growing regions in Tohoku district are Fukusima Basin, Yamagata Basin and southern part of Tugaru Plain. In addition to this, orchards and vineyards concentrate in the upper and middle part of Mabeti river valley in Aomori Prefecture, Kitakami Basin in Iwate Prefecture and Yokote Basin in Akita Prefecture.<br>(2) These fruits growing regions have hydroclimatic properties of the relatively large PET and large water deficit.<br>(3) According to an analysis of the relation between PET and yield of apples and grapes in the core district of these fruits growing in Japan, the maximum potential yield of apples happen at 680mm of PET and of grapes happen at 780mm.<br>(4) By analysis of effects of PET and April-September water surplus on yield of fruits in Yamagata prefecture, it was able to make clear that the maximum potential yield occurs at 680-694mm of PET and under dry condition. Most adaptable April-September Water surplus to potential yield is 177mm for apples, 95mm for persimons, 29mm for grapes, 6mm for peaches, respectively. Moreover, the potential yield of these fruits fall under the humid condition over the critical values of water surplus described above.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 50(2), 139-153, 1998-06-15 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695986
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4504646
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ