瀬戸内海・頭島(岡山県日生町)周辺の花粉分析による植生変遷史の研究 Vegetational History of the Area around Kashira Island in the Inland Sea, Okayama Prefecture, Western Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岡山県日生町にある頭島で採取された44mボーリングコアの花粉分析を行った。このコアは粘土・砂質粘土・砂・礫・腐植土・火山灰から成る。2,368-2,360cmで21,100±400yrB. P. という<sup>14</sup>C年代測定結果が得られ, 1,900-1,890cmでアカホヤ火山灰, 2,540-2,360cmで姶良火山灰が確認されている。<br>分析の結果, 9花粉帯と2無化石帯が認められた。サルスベリ属の花粉が出現する層を温暖期, 化石花粉の出現しない層は寒冷期と考えると, このコアは4回の温暖期 (KS-9, 8, 6, 4-1) と3回の寒冷期 (KS-7, 5, BZ-2, 1) に堆積したものである。KS-4~1は後氷期である。

Kashira Island is situated in the Inland Sea, near Hinase town, Okayama Prefecture. The 44-m core consisted of clay, sandy clay, gravel with sand, humus and tephra (Aira: 2, 540-2, 390cm depth, Akahoya: 1, 900-1, 890cm depth). The humus portion (2, 368-2, 360cm depth) was dated to 21, 100±400yr B. P. by the <sup>14</sup>C-dating method.<br>Pollen analysis revealed the core to consist of nine pollen and two barren zones. Layers containing <i>Lagerstroemia</i> pollen, the important index taxa for the warm period, were regarded as sediments of the warm period. This core may contain the sediments of four warm (KS-9, 8, 6, 4-1) and three cold periods (KS-7, 5 and BZ-2, 1). KS-4-1 represent the post glacial period.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 50(3), 189-200, 1998-08-31 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002696089
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4549532
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ