野蒜洲崎浜の急速な地形発達とその要因についての一考察 Rapid Geomorphological Development of the Nobiru, Suzakihama Sand Beach, Miyagi Prefecture, Northeast Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石巻湾の西部に位置する野蒜洲崎浜は, 松島湾と石巻湾の境に位置する宮戸島を陸繋島化したトンボロ (陸繋砂州) 地形であり, その変遷及び地形発達の特徴を, 明治以降の海図により辿ることができる。洲崎浜のトンボロ地形は, 基部を異にする複数の砂嘴により構成され, 宮戸島は, 1901 (明治34) 年から1938 (昭和13) 年の約40年間の間に, 不老山を基部として長さ2,800mに亘って新たに発達した砂嘴により陸繋島化された。この間の砂嘴先端の発達速度70m/年, 海岸線の前進速度10m/年は, 日本沿岸各地の砂嘴と比較して極めて急速である。この急速な地形発達の主要因は北上川下流部の河道付け替えの結果と推論した。

Suzakihama beach faced to the Ishinomaki Bay is landtied sandspit complex, which connects Miyato Island and Nobiru coast. From the comparison of the old several nautical charts published by the Hydrographic Department of Japan, this paper clarifies the characteristics of geomorphological development of sand beaches.<br>Suzakihama beach consists of three sand spits which extend from different head points. A sand spit had been extended 2, 800m from Mt. Huro San to Miyato Island for 40 years, between 1901 and 1938. The author infers the rapid geomorphological development of the beach is derived from artificial change of Kitakami river course.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 50(4), 329-337, 1998-12-01 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002696211
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4626692
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ