日本語の有声-無声の弁別にピッチパタンが与える影響 -韓国語母語話者を中心に- Effect of pitch in distinction between voiced and voiceless consonants of Japanese -Perceptual experiments on Korean native speakers-

この論文をさがす

著者

    • 鄭 恩禎 J. Jung E.
    • 東京大学人文社会系研究科 Graduate School of Humanities and Sociology Faculty of Letters Department of Linguistics Univ. of Tokyo
    • 桐谷 滋 KIRITANI S
    • 東京大学音声言語医学研究施設 Research Institute of Logopedics and Phoniatrics. Univ. of Tokyo

収録刊行物

  • 日本音響学会研究発表会講演論文集  

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1996(1), 345-346, 1996-03-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002737767
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351181
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    13403168
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ