測定誤差の影響の低減化 -表面振動データと有限要素法による肉厚構造物中の振動インテンシティ測定(III)- The Reduction of the Influence of the Measurement Error Using Least Mean Square Methoed. -Structural Intensity Measurement in a Thick Structure with the Aid of Surface Vibration Data and Finite Element ethod(2)-

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本音響学会研究発表会講演論文集

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1998(1), 751-752, 1998-03-01

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • <no title>

    荒牧

    平9秋日本音響学会講演集 3-6-14, 753-754, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    ADACHI K.

    JASA 87, 208-214, 1990

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002747586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351181
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    13403168
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ