有害エコーに関する物理指標の有効性の検討(1) -実ホールへの適用例- An examination of existing parameter's validity in relation to harmful echoes as a measureof room acoustical design.

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本音響学会研究発表会講演論文集

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1998(2), 839-840, 1998-09-01

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    LOCHNER J. P. A.

    ACUSTICA 11, 195-200, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    NIESE H.

    ACUSTICA 11, 201-213, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    DIETSH L.

    ACUSTICA 60, 205-216, 1986

    被引用文献2件

  • <no title>

    KUTTRUFF H.

    Room Acoustics, 187-188

    被引用文献2件

  • <no title>

    HOUTGAST T.

    ACUSTICA 28, 66-73, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    山本

    日本音響学会誌 26, 3号, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    BOLT R. H.

    J. Acoust. Soc. Am. 22, 507-509, 1950

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002748663
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351181
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    13403168
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ