近接固有値を有する構造物の振動特性推定 ESTIMATION OF DYNAMIC CHARACTERISTICS FOR STRUCTURES WITH CLOSELY SPACED EIGENVALUES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, うなりを伴う振動実測データより構造物の振動特性を推定する手法として, 実測データに2自由度系の単位衝撃応答関数と周波数伝達関数を非線形最小二乗法で曲線適合する, 時間領域と周波数領域の構造同定手法を提案した. さらに, データ入力から動特性推定までを処理できるシステムを仮想計測器ソフトウェアで実現した. 本手法を2自由度系と有限要素法でモデル化された吊床版橋の数値シミュレーションによる衝撃応答波形に適用し, 本推定法により高精度な推定が可能であることを確認した, さらに, 本手法をうなりを伴う吊床版橋の実測データに適用し, 本推定法により安定した高速の推定が可能であることを検証した.

The phenomenon of beats has been observed on vibration tests of the hanging type shuctures such as the stress ribbon bridges with very closely spaced natural frequencies. In order to estimate the dynamic characteristics of the structures, the two curve fitting methods which are direct applied to the frequency response and impulse response by the nonlinear least square method are proposed. Effectiveness of the methods are discussed by the numerical simulation and field vibration test for the stress ribbon bridge. Result shows that dynamic characteristics can be estimated highly accurately by the both methods. However, the time domain method have higher accuracy compare with the frequency domain method.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 633, 93-102, 1999-10-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002752546
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4895448
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ