長大斜張橋の静的, 動的安定解析に基づく最小主桁断面形状設定に関する考察 MINIMUM CROSS-SECTIONAL SHAPE OF GIRDER FOR LONG-SPAN CABLE-STAYED BRIDGES BASED ON STATIC AND DYNAMIC INSTABILITY ANALYSES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文はスパン1000mを超える長大斜張橋の静的, 動的安定解析を通し, 基本的な特性を明らかにするとともに安定性を確保できる最小の主桁断面形状設定に関する設計資料を提供している. 面内荷重を対象とした弾塑性有限変位解析, 桁の変位に依存して変化する風力を扱える有限変位解析, モード座標をベースとしたフラッター解析を用い, 試設計された桁幅, 桁高さの異なる4種類の断面を対象に安定性の検討を行っている. その結果, 横ねじれ座屈が生じる静的限界風速はフラッター風速に比べて低く, したがって風荷重作用下での安定性は静的問題に支配されること, また, 安定性が確保できる桁幅や桁高さのスパンに対する比はこれまでの設計で用いられてきた値に比べてさらに小さくできる可能性を明らかにしている.

This paper presents instability analyses, such as elasto-plastic finite displacement analysis under in-plane load, finite displacement analysis under displacement-dependent wind load and flutter analysis based on modal coordinate, which identify static and dynamic instabilities of long-span cable-stayed bridges. Using 1400-meter cable-stayed bridge models with four types of cross sectional shapes of the girder, whose span-to-width and span-to-depth ratios are considerably large compared with those used in past long-span conventional cable-stayed bridges, instability analyses are carried out. From these calculations, a minimum cross sectional shape ensuring safety against static and dynamic instabilities was presented. It was found that instability under static wind load is the most critical, but that the span-to-girder width ratio can be greater than the widely-believed value of 40.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 633, 155-167, 1999-10-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002752622
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4895956
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ