拘束力を考慮した有孔鋼板のずれ止め特性に関する研究 SHEAR STRENGTH OF PERFOBOND RIB SHEAR CONNECTOR UNDER THE CONFINEMENT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

開口部を有する鋼板 (有孔鋼板) がコンクリート中に埋め込まれた場合, 開口部でコンクリートとのずれ止め機能が期待できる. 補強がされていないコンクリート中における有孔鋼板のずれ耐力研究では, 開口部コンクリートの割裂破壊が支配的であることが指摘されているため, コンクリート部に割裂を抑制する拘束力を作用させれば, ずれ耐力が大幅に向上することが予測される. そこで,外部拘束力作用下での押抜き試験を行い, 拘束力によるずれ耐力向上効果を定量化した. さらに, 実構造物では, 開口部を鉄筋などで補強することにより破壊時に受働的に拘束力を発揮させることができる. そこで, 鉄筋補強した有孔鋼板の押抜き試験により鉄筋補強によるずれ耐力向上効果を定量化した.

A perfobond rib is a steel plate with openings and acts as a shear connector in the concrete by a concrete dowel effect. It is realized that the perfobond rib shear connector would reach split failure at ultimate under low confinement and low shear strength, but the shear strength will be improved by enough confinement against split failure. In this paper, the shear strength of perfobond rib is examined by two series of experiments which are active confinement tests using hydraulic actuator and passive confinement tests using reinforcing bars. The test results indicate that the shear strength would be able to improved by giving confinement stress and the evaluation of shear strength under confinement is proposed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 633, 193-203, 1999-10-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002752687
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4895983
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ