ゴルフ場からのシマジンの長期流出シミュレーションモデル The Model for Simulating the Long Term Discharge of Pesticide from Golf Links

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 ゴルフ場から1年間に流出する農薬量を予測する長期流出シミュレーションモデルを構築した。モデルは流出水量と農薬の流出を解析する2つのコンパートメントで構成した。調査流域の流域末端における流出水量は,日降水量から直列3段タンクモデルで計算した。農薬の流出量は,農薬の散布量,芝地土壌における残留量と土壌からの流出率より計算した。芝地土壌から流出した農薬はいったん全量が調整池に流入し,一部が調整池で分解した後排水河川に流出する構造とした。解析はDゴルフ場と上流に隣接する森林流域から構成された流域を対象として行った。農薬は日本で広く使用されている除草剤のシマジンを対象とした。シミュレーションモデルで2年間のシマジンの流出量を日単位で計算した結果は実測値とよく一致した。モデルによる計算の結果,調整池の容量の増加はシマジン流出量の削減に有効であった。使用量・時期を一定として6年間の降水量データを用いて計算した結果,シマジンの流出は降雨の時期,降水量,降雨強度に強い影響を受け,シマジンの年流出率は2.8~7.9%の間で変動した。

A model was developed for predicting the long term discharge of chemicals applied to golf links. The model consisted of two components. The hydrological component was based on a model with a series of non-linear tanks, and simulated flow through the basin with input of daily precipitation. The chemical component calculated the amount of chemicals discharged as a function of the amount of chemicals applied, the amount retained in the soil, and the discharge from the soil. It was assumed that chemicals that moved into runoff water were discharged into the regulating pondages and was partialy degraded before entering to the stream. Simazine [2-chloro-4, 6-bis(ethylamino)-1, 3, 5-triazine], which is one of the herbicides widely used in Japan was determined. The experimental basin included the golf links (D golf links) and the neighboring upstream forested basin. The daily discharges of Simazine calculated on a daily basis for two years, were consistent with the range of values determined by direct measurements. It was estimated that increasing of the capacity of regulating pondage was effective to reduce the discharge of the herbicide. Results from the simulations using precipitation data for 6 years suggest that the discharge of the herbicide was strongly affected by sequence, amount, and intensity of individual rainfall events and that the annual losses of the herbicide varied from 2.8% to 7.9%.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 10(1), 39-50, 1997-02-28 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002758071
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    4172195
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ