水中微生物の農薬分解性 -フェニトロチオン分解性の検討- Degradability of Aquatic Microorganisms to Agricultural Chemicals-Biodegradability of Fenitrothion-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 水中微生物による浄化機構を明らかにするための基礎的研究の一環として,名古屋市東部の天白川表層水について,フェニトロチオン(MEP),ダイアジノン,シマジンおよびアニリンに対する生分解性試験を行い,さらにRiver Die-away(RDA)法にて,MEP添加時の従属栄養細菌(細菌)相の変動および単離菌の生分解能について検討した。 生分解性試験では,MEPは比較的高い分解性を示し,ダイアジノンおよびシマジンは低かった。指標としたアニリン分解性は夏過ぎに高い傾向を示した。細菌相は環境汚染物質の分解に関与すると言われているAcinetobacter属,Pseudomonas属,Alcaligenes属およびFlavobacteyium属の他,Molaxella-Brucella属などの存在が確認された。これらに属する菌はMEP生分解性試験のRDA法の培養液中でも増殖が認められ,高いMEP分解性を示すものが多かった。MEPについては,阪大法および阪大法に準じて行った単離菌の生分解性試験でアミノフェニトロチオンの生成を認めたが,RDA法では認められず,貧栄養の状態で微生物により資化されるものと思われた。粗酵素溶液でもNADHおよびNADPH存在下,嫌気的条件下でアミノフェニトロチオンの生成を認め,MEPのニトロ基の還元はある種の菌では主要なMEP代謝経路の1つと思われた。

As part of basic studies on the mechanism of water purification by aquatic microorganisms, biodegradation of fenitrothion (MEP), diazinon, simazine and aniline were examined using Tempaku river surface water located in the east of Nagoya City, furthermore, changes of the microflora and MEP biodegradability of these isolates in culture media of MEP degradation test by the River Die-away (RDA) method were investigated. Biodegradability of river water showed relatively high to MEP and low to diazinon and simazine. Analyses of the microflora in the river water revealed the presence of bactera of the following genera which are believed to be involved in decomposition of environmental pollutants; Acinetobacter sp., Pseudomonas sp., Alcaligenes sp., Flavobacterium sp. and Molaxella-Brucella sp.. Growth of bactera of these genera were confirmed in culture media of MEP degradation test by the RDA method, and many of the peacies tested showed high MEP degradation acivities. Analyses of products obtained in MEP degradation media by the Handai method and a modified Handai method for isolates showed the presence of aminofenitrothion, but it was not detected in the media by the RDA method. MEP was enzymatically degraded with cell-free extracts to produce aminofenitrothion in the presence of both NADH and NADPH under anaerobic condition. It is considered that reduction of the nitro group in the molecule to form amino compound may be one of the main metabolic pathway of MEP for a certain bacterium.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 10(3), 233-243, 1997-08-31 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002758331
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    4293459
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ