アジア各国食料需要モデルの構築 Modelling the Demand for Food in Asia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 アジア各国の食料需要量を推計するためには,生活水準を説明する所得を生み出すメカニズムおよび生活水準から説明される人口動態について言及する必要がある。またアジア各国の統計データの整備状況は発展途上にあるといえる。 本論では各国を横断的に把握するために,IMF統計を用いて資本ストックデータを米国会計基準に基づいて推計した。資本ストックと労働投入量間の関係式,経済発展と人口動態の関係式,各国の一人あたり実質国内総生産額と品目別食料カロリー消費量の所得弾性値を推計した。これらの関係式をシステム・ダイナミックス手法を用いることにより,資本投資と就業者人口比率を外生変数とするアジア各国毎の食料需要モデルを構築し,実勢値を表現可能なモデルの構築を試みた

In order to estimate the demand for food in Asian countries, the income, the standard of living and the movement of population in those countries need to be refered. The statistical data on these subjects are not well pigeonholed yet. This study uses IMF statistics to estimate the cross-sectional capital stock based on the standard of accounting in USA. The relation between the capital stock and the labor, that of the economic development and the movement of population, that of GDP and the consumption of food per person are proposed. These data is then used to calculate the demand for food in Asian countries using the system-dynamics method.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 11(1), 49-63, 1998-02-28 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002758562
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    4447294
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ