環境にやさしい化学反応プロセスに関する一考察 -ポリカーボネート製造法の評価- A Study on Environmentally Friendly Chemical Process -Assessment of Polycarbonate Manufacturing Processes-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阪元 勇輝 SAKAMOTO Yuuki
    • (財)地球環境産業技術研究機構地球環境システム研究室 System Analysis for Global Environment Lab. , Research Institute of Innovative Technology for the Earth
    • 廣渡 紀之 HIROWATARI Noriyuki
    • (財)地球環境産業技術研究機構地球環境システム研究室 System Analysis for Global Environment Lab. , Research Institute of Innovative Technology for the Earth
    • 川邊 豊太郎 KAWABE Toyotaro
    • (財)地球環境産業技術研究機構地球環境システム研究室 System Analysis for Global Environment Lab. , Research Institute of Innovative Technology for the Earth

抄録

<BR>バッチ界面プロセス,従来型溶融プロセスおよび非ホスゲン化溶融プロセスによるポリカーボネートの製造につき,CO<SUB>2</SUB>排出原単位およびエネルギー原単位を推算し,比較した。その結果,ポリカーボネートのいずれの原単位も,非ホスゲン化溶融プロセス>バッチ界面プロセス>従来型溶融プロセスの順であることが明らかになった。しかし,バッチ界面プロセスで製造されたポリカーボネートに対して再沈精製を追加すると,両原単位の点で,非ホスゲン化溶融プロセスの方がバッチ界面プロセスよりも有利になった。さらに,CO<SUB>2</SUB>排出およびエネルギー消費の視点から,非ホスゲン化溶融プロセスの改良について考察した。

CO<SUB>2</SUB> emission factor and specific energy consumption for polycarbonate production were estimated and compared among three manufacturing processes, i. e., batch interfacial, conventional melt and nonphosgenation melt processes. These values of conventional melt process were the smallest and those of nonphosgenation meltprocess were the largest among them. Adding reprecipitation process to batch interfacialprocess for removing impurities, such as, chlorine compounds resulted in largervalues than those of nonphosgenation melt process. An Improvement of nonphosgenationelt process was discussed from the view points of CO<SUB>2</SUB> emission and energyconsumption.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science

    環境科学会誌 = Environmental science 11(2), 147-154, 1998-05-30

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

  • <no title>

    通商産業大臣官房調査統計部

    化学工業統計年報 生産 出荷 在庫統計 119, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    新エネルギー 産業技術総合開発機構(NEDO)

    環境にやさしい化学反応プロセス(エコケミストリー)に関する調査 128p, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    化学工業日報社

    化学工業年鑑1996年版, 247-248, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    SRI International

    Process Economics Program Report No. 50B Polycarbonates, 21-55, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    SRI International

    Process Economics Program Report No. 50C Polycarbonates 162p, 1989

    被引用文献1件

  • 太陽光発電システムのエネルギー評価

    稲葉敦

    化学工学論文集 19(5), 809-818, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    新エネルギー 産業技術総合開発機構

    化学関連産業分野におけるCO_2対策技術の評価法の調査 187p, 1992

    被引用文献1件

  • 環境特別委員会審議経過報告書

    飯塚洲一

    セメント製造技術シンポジュウム報告集 No. 50, 29, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社)プラスチック処理促進協会

    プラスチック製品の使用量増加が地球環境に及ぼす影響評価報告書(改訂版) 180p, 1993

    被引用文献1件

  • ライフサイクルアセスメントにおける基礎素材の製造データ

    稲葉敦

    環境管理 31(6), 72-84, 1995

    被引用文献1件

  • 産業連関表によるエネルギー原単位および消費構造の推定

    野村昇

    機械技術研究所報 48(2), 34-51, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SRI International

    PEP YEARBOOK INTERNATIONAL 1995 Volume 3M Japan 821p, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社)化学工学協会

    化学プロセス集成 塩酸, 98-100, 1970

    被引用文献1件

  • <no title>

    新エネルギー

    化学工業製品におけるトータル エコバランスの分析手法に関する調査(III) 289p, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社)化学経済研究所

    基礎素材のエネルギー解析調査報告書 158p, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    新エネルギー 産業技術総合開発機構

    化学工業製品におけるトータル エコバランスの分析手法に関する調査(II). 単位発熱量当たり 33, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    旭化成工業

    特開平4-261142

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002758740
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    4503826
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ