クロスヘッド停止試験から求まる停留応力の熱活性化理論による解釈 (変形応力-ひずみ曲線のひずみ速度依存性 第5報) A Discussion Based on Thermal Activation Theory as for "Base Curve" obtained by Crosshead Displacement Dwell Test (Strain Rate Sensitivity of Stress-Strain Curve-5)

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting  

    材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 11(6), 1278, 1998-09-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002764770
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10056461
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09146628
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ