高純度鉄中微量炭素定量のための機械研磨, 化学研磨及び電解研磨の方法を用いた試料表面処理の比較検討 Effects of Various sample treatment using mechanical, chemical and electrolytical polishing for the determination of trace amounts of carbon in high-purity iron

この論文をさがす

著者

    • 高田 九二雄
    • 東北大学金属材料研究所 Institute for Materials Research, Tohoku University
    • 奥 正興
    • 東北大学金属材料研究所 Institute for Materials Research, Tohoku University
    • 我妻 和明
    • 東北大学金属材料研究所 Institute for Materials Research, Tohoku University

収録刊行物

  • 材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting  

    材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 11(6), 1355, 1998-09-01 

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002764926
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10056461
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09146628
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ