Fe-Ni基鍛造超合金の引張特性に及ぼすAl及びTaの影響 (次世代ガスタービン発電機部材対応Ni基超合金の開発-3) Effect of Al and Ta Content on Tensile Properties of Wrought Fe-Ni Based Superalloy (Development of Ni Based Superalloy for The Next Generation Gas Turbine Generator Material-3)

この論文をさがす

著者

    • 柴田 尚
    • (株) 日本製鋼所 室蘭研究所 The Japan Steel Works, Ltd. , Muroran Research Laboratory

収録刊行物

  • 材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting  

    材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 12(6), 1250, 1999-09-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002766336
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10056461
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09146628
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ