オースフォーム処理を行った高強度炭素鋼の遅れ破壊特性に及ぼす焼戻し条件の影響 Effect of tempering condition on delayed fracture properties of an ausformed high-strength carbon steel.

この論文をさがす

著者

    • 遊佐 覚 YUSA Satoru
    • 金属材料技術研究所 フロンティア構造材料研究センター Fontier Research Center for Structural Materials, NRIM
    • 原 徹
    • 金属材料技術研究所 フロンティア構造材料研究センター Fontier Research Center for Structural Materials, NRIM
    • 津崎 兼彰
    • 金属材料技術研究所 フロンティア構造材料研究センター Fontier Research Center for Structural Materials, NRIM
    • 高橋 稔彦
    • 金属材料技術研究所 フロンティア構造材料研究センター Fontier Research Center for Structural Materials, NRIM

収録刊行物

  • 材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting  

    材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 12(6), 1296, 1999-09-01 

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002766454
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10056461
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09146628
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ