湿潤粉体の捏和における混合機構のモデル的検討 Analysis of Mixing Mechanism of Wet Particle System in Kneading Process with Dispersion Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

捏和装置における湿潤粉体の混合は, 圧縮, 剪断, へらなで, および, 重ね合わせ (折り畳み) という混合操作によって達成されるものと見なされる。そこ4で, 本報では上記の混合操作をモデル的にシミュレーションする手法を提示し, これにより, 混合現象を粒子塊の重ね合わせによる対流移動混合から, 粒子相互の拡散に至るまで定量的に把握する手法を検討した.またこれと併行してモデル実験装置を試作し, 実験により同モデルの妥当性の検証を行った.その結果, 本研究のモデル解析法は, 湿潤粉体相互の微視的な混合状態に至る混合過程を定量的に把握できることが判った.また本研究で例示した重ね合わせ混合を中心とするモデル的捏和操作は系全体を規則的でかつ均一な混合状態にすることができるものと考えられる.

A mixing process for a wet particle system is advanced by using fundamental operations such as compression, shearing, rolling, and folding. Here, we present a simulation method based on these fundamental operations in order to quantitatively understand the mixing process even in the microspaces between particles.<BR>We developed model experimental apparatus, and a simulation method based on a dispersion model, and compared the results by both methods. Using the model analysis, the mixing process can be quantitatively understood until the micromixing of the wet particles is mutually completed. It was also found that a mixing process proceeds rapidly and that the mixing state proceeds regularly and uniformly using proposed model operation that is dominated mainly by the folding operation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(1), 103-109, 1997-01-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4119093
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ