LCAにおける利用済みプラスチック製品の環境負荷指標について Specification of Environment Load for Disposed Plastics Products in LCA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

LCAにより利用済みプラスチック製品のリサイクル問題を検討する場合, 利用済み製品に対してどのような環境影響指標を設定するかによりリサイクルに対する環境影響評価結果が異なってくる.本論文ではリサイクルを促進するという観点からすれば利用済み製品の累積CO<SUB>2</SUB>排出原単位を0として処理するのが合理的であると結論づけた.この結論に基づき利用済みPETボトルのリサイクルの環境影響評価についてシミュレーションを行い, その結果, PETボトルのような石油化学製品はで焼却に伴いエネルギー回収がなされる一方で, その際多量のCO<SUB>2</SUB>を発生するため焼却工程でのCO<SUB>2</SUB>排出負荷が大きくなること, 再生ペレットを使用することによりカーペットの累積CO<SUB>2</SUB>排出原単位が減少し地球環境へのCO<SUB>2</SUB>排出削減に貢献することが結論された.

When rcycling of disposed plastics products is investigated using LCA, the environ-mental assessment for recycling depends on how to specify its enviromental load. In view of promoting the recycling of disposed plastics products such as PET bottles after use, it has been concluded to be reasonable that the cumulative CO<SUB>2</SUB> emission unit defined as one of the environmental load indices for carbon dioxide should be specified as zero for disposed plastics products.<BR>Using the concept of cumulative CO<SUB>2</SUB> emission units, the recycling of disposed PET bottles has been studied as a LCA problem and the following two conclusions have been confirmed. First, when the PET bottles are incinerated in open loop recycling, the latent energy of the petrochemicals is recovered while a large amount of CO<SUB>2</SUB> is emitted to the atmosphere. Second, the use of recycled PET pellet contributes to decrease cumulative CO<SUB>2</SUB> emission units in the production of carpet compared to the case where the virgin PET pellet is used.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 137-142, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767132
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161069
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ