エタノール水溶液中の微量n-プロピルアルコール, イソブチルアルコールの段効率 Stage Efficiencies of Minor Amounts of n-Propyl Alcohol and Iso-Butyl Alcohol in Ethanol Aqueous Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エタノール水溶液中の微量成分 (n-プロピルアルコール, イソブチルアルコール) のマーフリー段効率を10段オルダーショー型精留塔を用いて決定した.エタノール-水系の共沸組成で操作することにより微量成分の平衡比を全段とも一定にし, 正確なマーフリー段効率を求めることができた.次の結果を得た.<BR>1) 2つの微量成分の段効率はほとんど同じ値であり, 圧力を101.3から12.7kPaに減少させるとともに段効率も0.80から0.65と減少した.<BR>2) 間欠還流, 連続還流とも同じ結果を示し, 間欠還流で得られた実験室規模データも工業規模で用いられる連続還流の予測に使用できることがわかった.

Murphree stage efficiencies of minute components (n-propyl alcohol and iso-butyl alcohol) in ethanol aqueous solution were determined by using a 10-stage Oldershow type rectification column. By employing the azeotropic operation of ethanol-water systems, constant equilibrium ratios of the minute components were realized throughout all stages of the column to obtain the precise values of the Murphree Stage efficiencies. The following results were obtained;<BR>1) Murphree stage efficiencies for both minute components were almost the same and decreased from 0.80 to 0.65 when decreasing the pressure from 101.3 to 12.7 kPa.<BR>2) The same results were obtained for periodic and continuous reflux operations to confirm that the laboratory scale data obtained by periodic reflux would be applicable to industrial scale situations.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 143-148, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161070
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ