燃焼排ガスからの二酸化炭素分離回収に対するPSAの適用性 Application of PSA to Separation of Carbon Dioxide from Flue Gas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐治 明 SAJI Akira
    • 中部電力(株)電気利用技術研究所 Electrotechnology Applications R & D Center, Chubu Electric Power Co. , Inc.
    • 渡辺 藤雄 WATANABE Fujio
    • 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻 Department of Energy Engineering & Science, Nagoya University
    • 松田 仁樹 MATSUDA Hitoki
    • 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻 Department of Energy Engineering & Science, Nagoya University
    • 架谷 昌信 HASATANI Masanobu
    • 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻 Department of Energy Engineering & Science, Nagoya University

抄録

本研究では, 燃焼排ガスからの二酸化炭素分離回収に対し, 圧力スイング吸着法 (PSA) の適用を検討した。システムとして, ドライベースで10%程度含まれる二酸化炭素をPSA単段で分離し, さらに後段で深冷分離法にて液化濃縮することを前提に, PSA入口および出口の二酸化炭素濃度, 回収率に対し吸着材の材料面およびPSA操作条件の両面について, その影響を調べた.<BR>ゼオライト13X系の吸着材を用い, PSA操作条件を最適化することにより, PSA単段で製品CO<SUB>2</SUB>濃度約70%, 回収率90%以上に到達することを明らかにした.また, 後段の深冷分離プロセスにおいて, オフガスをPSA入口に還元することで, 最終製品濃度99%以上, 回収率も90%を越えるシステムが構築できることを確認した.

The application of pressure swing adsorption (PSA) method to CO<SUB>2</SUB> separation from Hue gas was examined. The main process was comprised of PSA and a super cold separator. Carbon dioxide, which present in about 10% concnetration in flue gas, was initially concentrated by PSA, and then the concentrated CO<SUB>2</SUB> was liquefied by the super cold separator (condenser) up to a concentration of more than 99%. The objectives of this study were (1) to make clear the effect of absorbent on the PSA performance, and (2) to make clear the suitable PSA operation condition with high CO<SUB>2</SUB> concentration and its high recovery.<BR>In this study, a zeolite 13X adsorbent in the PSA system was useful for CO<SUB>2</SUB> separation from artificial flue gas. By optimization of PSA operation conditions, the product from PSA showed a CO<SUB>2</SUB> concentration of ca.70%and recovery was more than 90%.In addition, the final product of the process showed CO<SUB>2</SUB> concentration of ca. 99% and recovery of ca.90%, when the off-gas from the condenser was introduced into the inlet of PSA and the operation conditions of the process were optimized.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 149-156, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767144
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161071
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ