造粒ゼオライトへの白金担持に及ぼす白金アンミン錯イオン種の影響 Influence of Platinum Ammine Complex Ion Species on the Preparation of Pre-Pelletized Zeolite Supported Platinum Catalysts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

白金担持ゼオライト触媒は, 一般的に [Pt (NH<SUB>3</SUB>) <SUP>4</SUP>] イオンをイオン交換法で粉末ゼオライトに担持し, 焼成, 還元したものを造粒して用いている.本研究では, 先に造粒されたゼオライトを担体として, テトラアンミン白金 (II) ジクロライドと, ヒドロキソペンタアンミン白金 (IV) トリクロライド (以降, Pt (II) アンミン及びPt (IV) アンミンと称する) によってイオン交換担持する方法で触媒を調製し, その担持状態と触媒作用の比較を行った.<BR>Ptアンミン錯体種の違いにより, ゼオライト造粒体内部へのPt担持深度に大きな差が生じた.Pt (IV) アンミンは, egg shell型の担持特性を示すことが判った.この差は, 担持深度と時間の関係から白金錯イオンの粒内拡散過程が律速であるためと考察した.メタンの触媒燃焼試験では, Pt (IV) アンミンによる白金ゼオライト触媒の方が外層担持型のために低温燃焼特性を示した.

Usually, platinum supported on zeolite catalyst is applied as a pelletized form from Pt-zeolite powder which is prepared by calcination and reduction of [Pt (NH<SUB>3</SUB>) <SUB>4</SUB>] ion supported on zeolite powder by ion exchange method. In this study, platinum was supported onto pre-pelletized zeolite by an ion exchange method using tetraammineplatinum (II) dichloride and hydroxopentaammineplatinum (IV) trichloride, hereafter referred to simply as Pt (II) ammine and Pt (IV) ammine, and their adsorption behavior and catalytic activity were compared.<BR>A substantial difference in the distribution of platinum into the pellets was observed between the platinum ammine complex ion species. Pt (IV) ammine resulted in egg shell-type supported catalysts. The behavior was studied as a diffusion control of Pt complex ion in the pellet from the results of the relations between Pt penetration depth and soaking time. The catalyst from Pt (IV) ammine showed lower temperature performance than Pt (II) ammine in the catalytic combustion of methane.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 188-193, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767200
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161077
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ