深海静圧頭を利用する逆浸透法海水淡水化システムの数値解析 Numerical Analysis for a Seawater Desalination System by Reverse Osmosis Utilizing the Static Pressure due to the Depth of the Sea

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

深海の高圧を利用する逆浸透法海水淡水化システムを開発するために, 管型逆浸透膜と丸棒の間に形成される幅の適度に狭い環状流路内で, 濃度差に基づいて誘起される層流自然対流場における速度, 濃度および圧力の軸方向変化を数値解析した.その結果から, 流路幅, 流路長さ, 懸垂深さ, 膜透過係数および海水の物性値を用い, 淡水透過流量を予測する無次元式を提出した。淡水透過流量は, 流路幅が減少するにつれ, しだいに増大して約1~2mmで最大となったのち, 急激に減少することから, 流路幅に最適値が存在することがわかった.

As part of an attempt to develop a seawater RO desalination system utilizing the high static pressure of the deep-sea, a numerical analysis was performed to determine the axial variation of velocity, concentration and pressure in laminar natural convection flow, caused by the concentration difference in the moderately narrow annular passage formed between a tube type membrane and a cylindrical rod.<BR>A dimensionless equation was formulated from the numerical results to predict the transmitted fresh water flow rate from the width and the length of the passage, the submerged depth of the device, the permeability of membrane, and the physical properties of seawater. The transmitted fresh water flow rate exhibited an increase with decreasing width of passage up to a maximum at a width of about 1-2 mm, followed by a rapid decrease, and thus realized the existence of the optimum width of passage.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 251-258, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767294
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161086
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ