設備計画におけるプロセス評価のための停止保全コストの見積 Estimation of Shutdown Maintenance Cost for Evaluation of Process Design in Early Planning Phase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渕野 哲郎 FUCHINO Tetsuo
    • 東京工業大学社会理工学研究科経営工学専攻 Department of Industrial Engineering and Management, Tokyo Institute of Technology
    • 村木 正昭 MURAKI Masaaki
    • 東京工業大学社会理工学研究科経営工学専攻 Department of Industrial Engineering and Management, Tokyo Institute of Technology

抄録

化学プラントにおける保全コストの削減には, 設備の計画段階において保全を考慮した概念設計を行う必要があり, 代替案の比較検討を行う基準として, 保全コストの見積が重要となる.本研究は, 状態基準となる機器を対象とする停止保全コストの見積法の開発を目的とした.停止保全コストを精度よく見積もるためには, 予想劣化曲線 (劣化曲線) に基づき, プラントライフを通じて停止保全計画を最適化する必要があり, 化学プラントの特徴から, 停止時期と各停止時期に保全を実施する機器群を劣化曲線に基づき最適化する問題となる.本研究では, 任意の機器に対し連続する2運転期間の劣化履歴と保全の関係を考察し, 保全実施の有無を0/1整数変数を用いて表現することでこの部分問題をモデル化した.更にこれを機器全体およびプラントライフに拡張することで, 停止保全計画の問題を混合整数非線形モデルとし, 問題の特徴から整数計画モデルとして定式化した.

The maintenance cost should be considered in the early planning phase of process design for reducing it, and a cost estimation method is essential to evaluate alternative design. The shutdown maintenance of condition basis maintainable equipment modules is concerned here, then that maintenance plan through the plant life should be optimized on the basis of expected degradation curves of these equipment modules for an accurate process evaluation. The shutdown timing and grouping of equipment modules, which are maintained at each shutdown period, become decision variables, and these variables should be optimized simultaneously under the constraint of the degradation curves. In this study, the relation between these variables through the degradation curves is considered, and a sub-model for sequential two shutdown periods for any equipment module is provided by introducing 0/1 integer variables, and it is expanded for overall equipment modules and whole plant life. This model is linearized from the consideration of required accuracy in process evaluation, and an integer programming model for the shutdown maintenance planning is developed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 266-271, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767317
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161088
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ