ストレートおよび熱劣化アスファルトに関する表面張力の測定 Measurement of Surface Tensions for Straight and Thermal Degradation Asphalts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アスファルトの界面化学的性状を把握するため, その基本物性となるアスファルトの温度と表面張力の関係を求めた.測定方法は, ポリエチレンに対して形成されるアスファルトメニスカスの接触角を測定し算出した.ここでポリエチレンの表面張力は, 温度と表面張力の関係が既知であるα-プロモナフタレンを用いて同様の測定法で決定した.その結果, アスファルトの針入度に関係なく, ほぼ同一の全表面エネルギーおよび表面エントロピーの値が得られた.またSaalのデータと比較すると, 293Kの表面張力においては約 10<SUP>-2</SUP>N/m, 表面エントロピーで約1オーダ, それぞれ高くなる結果を得た.次に針入度60-80のアスファルトを用いて熱劣化試験を実施し, アスファルトの表面性状が熱劣化の経時変化によりいかなる影響を受けるか検討した.その結果, 熱劣化が進行するにつれて, 内部凝集力の増加により全表面エネルギーおよび表面エントロピーは増加する結果が得られた.

This paper examines the close relationship which exist between asphalt temperature and surface tension in order to learn more about the surface chemistry of asphaltic materials and various kinds of aggregate materials. The relationship which is basically indicative of one of the most important properties of the asphalt can be established by measuring the contact angle of the asphalt meniscus formed in response to polyethylene.The well-known relationship between temperatures and surface tensions of α-bromonaphthalene has enabled the surface tension of polyethylene to be obtained by repeating the above procedure. Furthermore, it has been found that both the total surface energy and the surface entropy remain almost the same throughout the measurement. Surface tension and the surface entropy at a temperature of 293 K were found to be about 10<SUP>-2</SUP>N/m and about one order higher than the respective ones obtained by Saal. Asphalt specimens with a penetration of 60-80 are used in a thermal degradation test. Special attention is paid to what influence was time exerted on thermal degradation of the asphalt surface. It is concluded that the total surface energy and the surface entropy increase in all cases where thermal degradation is in progress.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 272-279, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161089
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ