エチレンジアミンコバルト錯イオンの多孔質ガラスにおける吸着平衡 Adsorption Equilibrium of Ethylenediaminecobalt Complex Ion on Porous Glass

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤吉 一誠 FUJIYOSHI Issei
    • 鹿児島大学工学部応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Kagoshima University

抄録

多孔質ガラスは表面シラノール基を含むため, 金属のアミン錯イオンを配位子置換機構により安定に吸着することが知られている.この性質を利用して, ニッケルとコバルトの分離実験を行なった結果, 助剤としてエチレンジアミン (以下enと略す) が適当であった (Fujiyoshi, 1994a).分離特性を理解するために吸着特性の解明が必要である.筆者は前報においてen単一系における吸着平衡およびen-ニッケル系における吸着平衡を検討した (idem, 1996).本報ではen-コバルト系の吸着実験を行って, コバルト錯イオンの吸着結果を質量作用則により整理し, 見かけの吸着平衡定数を算出した.さらに, コバルト錯イオンの酸化反応が吸着特性に及ぼす影響についても検討した.

The adsorption experiment of ethylenediaminecobalt complex ion on porous glass showed selective adsorption of monoethylenediaminecobalt complex ion obeying the mass action law, which yielded the apparent asdsorption equilibrium constant of 4.11× 10<SUP>-14</SUP> kg·mol·m<SUP>-6</SUP> and the effective amount of adsorptive site on porous glass of 3.74 mol·kg<SUP>-1</SUP> at 298 K. But the mass action law described above did not applied for molarity ratio of over three of ethylenediamine to cobalt, because of change of composition by oxidation of cobalt complex ion and the desorpting effect by free ethylenediamine.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(2), 311-314, 1997-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767413
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4161098
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ