界面重合法によるポリカーボネート製造装置の反応系オンライン・アナライザーの開発 Development of On-Line Automatic Analyzer for Interfacial Polymerization Reactor in Polycarbonate Plant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

界面重合法によるポリカーボネート製造装置のオンライン・アナライザー2基を開発し, 反応系の制御システムを構築した.<BR>本オンライン・アナライザーは滴定計を活用したもので, 1基は反応中間体であるオリゴマーの反応状況の確認, 又, 1基は反応系出口の未反応原料濃度を確認するものであり, 測定前処理として手作業で行っていたオリゴマーの加水分解, ビーカー (セル) 及び電極の洗浄を全自動で行うもので, 測定精度は従来法 (手分析) と同等の性能である.<BR>開発したオンライン・アナライザーの測定結果は, DCS (分散型制御システム) により演算され, 原料供給弁を制御している.<BR>本システムの構築により, 品質の安定・安定運転・省力化及び運転操作の安全性の向上を図ることができた.

An on-line automatic analyzer system for an interfacial polymerization polycarbonate polycondensation reactor has been developed.This analyzer system has two analyzer units, which are respectively set up for two sections in polycarbonate plant, and moreover the analyzer controlling system atilizes DCS (Distrubuted Control System). One analyzer unit is applied for checking oligomer in the first polycondensation reactor and the other is applied for measuring the unreacted raw material in the second polycondensation reactor. These analyzer units take advantage of titrators, and these units include hydrolysis of oligomer, washing of the beaker and, electrode sensor, and are operated by fully automatically. Accuracy of the data obtained by the on-line automatic analyzers is equivalent to that of the conventional manual operation. The measured data are calculated by DCS to make the analyzer controlling system manipulate raw material control valves. This system contributes to the stability of quality control, operation, labor saving and improvement of safety of the plant.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 348-352, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767479
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217350
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ