流動層造粒装置の運転安定化のためのファジィ制御の応用 Application of Fuzzy Control to Stable Operation of a Fluidized Bed Granulator

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

流動層造粒装置の運転安定化を目的にして, 顆粒体の平均径に影響を及ぼす粒子水分, 流動化状態ならびに投入熱エネルギーの3つの主要な作用因子を取り上げ, これらをインラインで計測してフィードバック制御する方法が検討された.流動化状態の間接的な評価には層内粒子群から放射されるAE波 (アコースティックエミッション) の音圧レベルの計測を応用し, これにより顆粒特性とその流動化状態を表すことができた.<BR>相互干渉の強い作用因子については, 品質への影響度合いを考慮して, 安定した流動化状態を維持しながら粒子水分を制御することを第一に考え, 投入熱エネルギーは適当な目標値を維持しつつ, かつ粒子水分の安定化のために制御されるファジィ推論を利用した制御系を構築した.<BR>本手法においては, 絶えず円滑な流動化状態において層内粒子群に造粒に適性な水分変化を与えることができ, その結果としてシャープな粒度分布の顆粒製品が製造されることが判明した.

Aiming at stable automatic operation of a fluidized bed granulator, three factors namely, moisture content, fluidization activity and input thermal energy were selected as principal ones affecting the granule diameter. The techniques of in-line measurement of these factors and their feed-back control were examined.<BR>The amplitude level of the stress wave generated by the fluidized particles was measured and applied for estimating fluidization activity. The new attempt quantified well particle properties and fluidization condition change.<BR>A fuzzy control system was established by the use of the production rules, determined by considering the degree of influence of the three factors having a strong interaction on granule quality.<BR>The ideal pattern of moisture content change in stable fluidization condition, which produces granules having narrow size distributions, was successfully obtained by using the established system, for even difficult granulation conditions by usual control methods.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 353-362, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217351
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ