ベンチスケール規模でのフライアッシュ微粒子の高精度分級 Elaborate Classification of Flyash Particles by Bench Scale Air Cyclone

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

50%分離径が可変となる改良型サイクロンを用いて, フライアッシュ微粒子の分級実験をベンチスケール規模で行った.サイクロンの50%分離径は, 粗粉捕集部入口に設置した円錐体高さ及びブローアップ流量を調節することで 1~10μmの範囲で移動した.<BR>ブローアップ流量が一定で円錐体高さを上昇すると, 50%分離径が大きくなる.これは粗粉捕集部入口部の有効流路面積が減少し, 平均気流上昇速度の増加により生じたものである.<BR>ブローダウンを行うと平均径の異なる微粉を2種類一度に捕集することが可能である.たとえばブローダウン流量5%の場合, 平均径2及び6μmの微粉がそれぞれ, 4及び28%捕集できた.<BR>サイクロン入口部に移動式案内板を設置しまたブローダウンを併用すると, 平均径が1.5μm程度のフライアッシュ微粉が得られ, サイクロン径400mmと比較的大型サイクロンにおいても高精度の分級が可能となった.

Experimental studies were conducted on the classification of flyash particles by use of a modified cyclone with movable 50% cut size on a bench scale. The 50% cut size of cyclone changed from 1 to 10 μm by the change of apex cone height and blow-up flow rate.<BR>When the height of the apex cone was higher at a constant blow-up flow rate, the 50% cut size increased. The reason for this was due to the fact that a decrease in the effective cross-sectional area near the inlet of the dust box gave rise to the increased average upward fluid velocity.<BR>In the case of blow-down, two kinds of different-sized fine particles were obtained simultaneously. When the blow-down flow rate was 5%, collection efficiencies of 4 and 28% were obtained with mean particle diameters 2 and 6 μm respectively.<BR>When both the blow-down method and a movable guide plate at the cyclone inlet were used, particles of average diameter of 1.5 μm were collected. Although the cyclone diameter was 400 mm, elaborate classification of flyash particles was achievable.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 363-370, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767496
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217352
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ