コークス炉ガス中の硫化カルボニル低温加水分解触媒の開発 Development of a Catalyst for Low Temperature Hydrolysis of Carbonyl Sulfide in Coke Oven Gas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コークス炉ガス (COS) を化学原料や都市ガス原料として利用するためには硫黄化合物等の不純物を除去する必要がある.有機硫黄化合物のひとつ, 硫化カルボニル (COS) を比較的低温で除去できる方法として加水分解反応に注目し, 常温付近で活性の高い触媒について検討した.炭酸カリウムを含浸したアルミナ触媒は極めて高い活性を示し, COSは10~80℃の低温で加水分解された.反応速度はほぼCOS分圧の 1次, 水蒸気分圧の0次となった.しかし反応温度が40℃で水蒸気分圧が約1.5kPa以上になると反応速度は水蒸気分圧の増加とともに急激に低下した.これは触媒に多量の水分が吸着したためで, 多量の吸着水は反応を阻害することが示された.開発した触媒は, 炭化水素や二酸化炭素が多量に含まれるCOG中においても, 温度40~50℃, 常圧で, 長期間高い加水分解活性を示した.

In order to use coke oven gas (COG) as a chemical feedstock and/or city gas, it is necessary to reduce or eliminate various impurities, especially sulfur compounds, found in COG. Catalysts active at around room temperature were explored as a means of removing a sulfur compound, carbonyl sulfide (COS), through catalytic hydrolysis at low temperatures. An alumina impregnated with potassium carbonate was found to show high catalytic activity. COS was hydrolyzed in the low temperature range of 10 and 80°C. The reaction rate was first order with respect to COS and zero order with respect to water. However, the rate decreased rapidly as the water vapor pressure increased in the region over approximately 1.5 kPa at 40°C because the hydrolysis reaction was inhibited by a large amount of water adsorbed on the catalyst. In COG containing large amounts of hydrocarbons and carbon dioxide, the developed catalyst exhibited high long-term activity for COS hydrolysis at between 40 and 50°C under atmospheric pressure.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 371-377, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767503
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217353
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ