ポリマーサイロでの最適ブレンド操作 Optimal Blending Operation at Polymer Silos

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一般に, ポリオレフィン系ポリマープラントには, 反応器からペレタイザーに至るポリマー製造プロセスの下流にポリマーサイロがある.そこでは, 製造プロセスで抑えきれなかったポリマーの品質のバラツキ (分散) を, さらに小さくするために品質の異なるポリマーロットをブレンドするという操作が行われる.本報では, このサイロで行うブレンド操作の問題を, 混合整数問題として定式化し, ポリマー物性 (Melt Index) のバラツキを最小にする最適ブレンド操作を見いだす手法を提案している.提案している手法を実プラントでのデータに適用し, その有用性を検討したところ, 提案している手法は, オペレータにより行われたブレンド操作で得られた製品ポリマーよりも, 品質のバラツキを2桁小さく抑えられるという結果を得た.

In the industrial polyolefin production processes, quality improvement has been attracting considerable attention. In most polymer production processes, blenders are installed downstream of the production line for damping out quality variation.<BR>It is an admission of the fact that the conventional way of reducing quality variation is unable to provide acceptable solution of satisfying the increasing demand from customers for the highest possible quality. Therefore, the cooperative blending operation is pursued optimally at the blender units.<BR>In this paper, an optimal blending operation is discussed. The optimal blending scheme is derived by solving a mixed integer linear programming problem (MILP). The scheme is tested on an industrial blender process of the polyethylene production plant. As a result, the optimal blending operation reduces the variances of the final product quality dramatically.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 384-390, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767530
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217355
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ