アルコール水溶液中のο-クロロ安息香酸の活性炭吸着 Adsorption of ο-Chlorobenzoic Acid from Alcohol-Aqueous Solution on Activated Carbon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

メタノール, エタノール, n-プロパノールの3種類のアルコール水溶液中に溶解しているo-クロロ安息香酸に対して活性炭吸着を回分操作で行い, 吸着平衡および有効表面拡散係数を求めた.アルコール水溶液濃度を0vol%から100vol%まで変えることにより, 吸着質のo-クロロ安息香酸の溶解度は2桁以上異なっている.このように広い範囲で変化する溶解度により, 吸着平衡および有効表面拡散係数がそれぞれのアルコール水溶液濃度によって強く依存するために, これらの関係を化学ポテンシャル理論で整理してまとめた.<BR>その結果, 吸着平衡はアルコール水溶液濃度で大きく変わり, それぞれFreundlich型で示され, 化学ポテンシャル理論で良く整理できた.また, 有効表面拡散係数Dsは吸着量依存性を示し, 溶解度の関数で表わされ, 化学ポテンシャル理論でほぼまとめることができた.

The present work is aimed at determining the effective surface diffusion coefficients, Ds, and adsorption equilibriums during adsorption of o-chlorobenzoic acid on activated carbon from aqueous solution and alcohol aqueous solution (Methanol, Ethanol and n-Propanol) by batch operation. The solubility of o-chlorobenzic acid into the alcohol aqueous solution changed about 100-fold as alcohol concentration rose from 0% to 100%. This aim of work is to formulate, by chemical potential theory, adsorption isotherms and Ds during adsorption from alcohol aqueous solution.<BR>As a result of this work, the investigated concentration range can be represented by Freundlich type isotherms. Ds depend on the amount of o-chlorobenzoic acid adsorbed and the solubility. The adsorption equilibriums and Ds can be formulated by chemical potential theory.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 391-396, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767533
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217356
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ