バイオブリケットの基礎燃焼特性 Fundamental Study on Combustion Characteristics of Biobriqutte

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 呂 国慶 LU Guo-qing
    • 豊橋技術化学大学工学部エコロジー工学系 Department of Ecological Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 外山 哲也 TOYAMA Tetsuya
    • 豊橋技術化学大学工学部エコロジー工学系 Department of Ecological Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 金 熙濬 [他] KIM Hee-joon
    • 豊橋技術化学大学工学部エコロジー工学系 Department of Ecological Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 成瀬 一郎 NARUSE Ichiro
    • 豊橋技術化学大学工学部エコロジー工学系 Department of Ecological Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 大竹 一友 OHTAKE Kazutomo
    • 豊橋技術化学大学工学部エコロジー工学系 Department of Ecological Engineering, Toyohashi University of Technology

抄録

低品位炭の清浄燃焼のために開発された石炭とバイオマスを高圧成型した複合燃料であるバイオブリケットの熱分解と燃焼特性を基礎的に解明することを目的に, 単一バイオブリケットの熱分解, 燃焼特性に及ぼすバイオマスの種類と添加率などの影響をバッチ式電子天秤付電気加熱反応炉を用いて実験的に明らかにした.<BR>主な結果として, バイオブリケット中の揮発成分量はバイオマス添加率と正比例の関係があること, バイオマス添加により石炭ブリケットよりも着火性と燃え切り性が良好になること, バイオブリケットの燃焼は揮発成分放出・燃焼とチャーの燃焼の二段階で進行すること, 揮発成分放出・燃焼段階では体積モデルが適用でき, 反応次数と反応速度定数ともバイオマス添加量との間に直線関係が存在すること, チャーの燃焼段階は未反応核モデル的に進行し, 外部からの酸素の拡散律速であることなどを明らかにした.ガス境膜における酸素の移動係数並びに灰層における酸素有効拡散係数から, 両拡散現象の寄与がほとんど同オーダであることを示した.

Characteristics of pyrolysis and combustion of biobriquettes were studied by using an electrically heated batch combustor. The influences of biomass content of the biobriquette on the combustion characteristics which were obtained by measuring the fuel consumption profile and the experimental results were analyzed by both volume and shrinking-core reaction models.<BR>The following conclusions were obtained (1) total volatile matter content in the biobriquette was directly proportional to its biomass content. Biomass in the biobriquette promotes ignitability and burning rate of low grade coal ; (2) combustion time history was divided into two stages, in which volatile matter mainly evolved and burned to lead fixed carbon combustion ; (3) in the former stage, the reaction rate constant and its order always remained linear related to biomass content ; (4) in the latter stage, the combustion behavior may be simulated by using the shrinking-core reaction model and the reaction was controlled by oxygen diffusion through both the gas boundary layer film and the ash layer almost evenly, and ash layer diffusion coefficients were also linear related to biomass content.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 404-412, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767554
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217358
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ