サーボ問題および漸近的外乱除去問題へのモデル予測制御の適用 Extension of Model Predictive Control for Solving Servo and Regulator Problems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来のモデル予測制御アルゴリズムを拡張することにより, サ-ボ問題と漸近的外乱除去問題の2種類の問題を同時に扱えるアルゴリズムを提案した.具体的には, 出力の予測式にフィルタを導入することによって, 動特性が既知である設定値変更および外乱に対して定常偏差の残らない制御系を実現した.新たに導入するフィルタの満たすべき必要十分条件を導出し, このフィルタ設計問題が予測区間数に等しい数のDiophantine方程式を解く問題に帰着されることを示した.積分要素を持つプロセスに対しても提案するアルゴリズムが有効であること, さらにプロセスが積分要素を持つことを積極的に利用したフィルタの設計が可能であることを, フィルタの具体的な設計例を用いて示した.シミュレーションによって提案したアルゴリズムの有効性が確認された.

In order to solve servo problems and regulator problems simultaneously for external signals in arbitrarily given function classes, such as step set-point changes and ramp disturbances, the conventional Model Predictive Control algorithm is extended by introducing a filter into the output prediction equation. The necessary and sufficient conditions for eliminating steady-state errors were derived for a stable process and a process with an integrator. The filter design problem resulted in the problem of solving Diophantine equations, the number of which is equivalent to the number of steps of the coincidence horizon. For an integrating process with ramp disturbances, a filter can be designed easily by taking advantage of characteristics of the process. Simulation results demonstrated successful functioning of the proposed control algorithm.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(3), 421-427, 1997-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767577
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4217360
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ