反応器モデルベース型エキスパートシステムによるバッチプラントの運転支援 Operator Support for Batch Plant Based on Expert System with Reactor Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリマー製造プラントには, 連続重合反応器とバッチ重合反応器があるが, 特にバッチ反応器は非線形性が強く安全性を考慮することが重要である.反応器内部では原料と添加物を混合し反応仕様に応じて運転しているが, 望ましい品質のポリマーを得るためには反応状態の監視が不可欠であり, 特に暴走反応を避けなければならない.<BR>バッチプロセスでは複数の反応器に対して各工程の中で多くの監視すべき項目がある.このため, 運転員の誤操作や異常の監視, 運転状態の監視などを支援することを通じて運転員の負荷を軽減できるシステムが必要である.<BR>反応器内部状態の情報を示すことが可能な物理的な反応器モデルを運転員の経験的なデータから構成される知識ベースに基づいたエキスパートシステムと融合することにより, 高精度で広範囲に亘る運転支援システムを開発した.

Polymerization processes use two kinds of reactor. One is a continuous reactor and the other is a batch reactor. Both are highly nonlinear and unstable. Thesefore safe operation is important. In a polymerization reactor, raw materials and additives are mixed under specified operating conditions to produce polymer having desired properties and an operator must monitor reactor conditions, especially to avoid runaway reactions.<BR>In batch processes, many operation steps are required, and operators have to monitor a number of checkpoints for several processes. Operator support systems, such as diagnosing errors in operation or faults and monitoring process conditions are very helpful for balancing workload and for safe operation.<BR>An accurate and widely supported system is developed based on an expert system with a mathematical reactor model to estimate reactor conditions precisely.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(4), 470-476, 1997-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767662
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4258239
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ