超臨界水を反応溶媒とするPETの高速分解・テレフタル酸回収 Recovery of Terephthalic Acid by Decomposition of PET in Supercritical Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, PETのケミカルリサイクルの可能性を明らかにすることを目的とし, 超臨界水中におけるPETの分解反応の特性を検討した.<BR>PETは超臨界水条件下 (温度673K, 圧力40MPa) では5分間で完全に加水分解し, 反応時間12.5分では純度97%のテレフタル酸が収率91%で回収できた.反応温度は, PETの分解速度, テレフタル酸の回収率に大きな影響を与え, 573K (40MPa) とすると, 90%以上のテレフタル酸回収に90分を要した.<BR>超臨界水中での実験で, 圧力が反応に与える影響を検討したところ, 高圧条件に保つことで, 熱分解の進行による変性残渣や二酸化炭素の生成, すなわちテレフタル酸からの脱炭酸が抑制されることが明らかになった.

The possibility for chemical recycling of PET via the recovery of terephthalic acid from decomposition of PET with supercritical water is investigated. PET decomposes to terephthalic acid and ethylene glycol, which are raw materials for PET, in supercritical water and the yield of terephthalic acid reaches 91% with purity of 97% under the conditions of 673 K, 40 MPa and reaction time of 12.5 min. Reaction temperature influences the decomposition rate of PET. It takes 90 min for 90% terephthalic acid recovery at 573 K. Increasing reaction pressure is effective for suppressing char formation or carbon dioxide production during decomposition.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(4), 505-511, 1997-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  10件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767711
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4258244
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ