高温物体から衝突噴流への沸騰熱伝達の実験的研究 Experimental Study on Boiling Heat Transfer to an Impinging Jet on a Hot Block

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鎌田 長幸 KAMATA Choko
    • 八戸工業高等専門学校機械工学科 Department of Mechanical Engineering, Hachinohe National College of Technology

抄録

従来の衝突噴流への沸騰熱伝達に関する研究は主に直径が20mm前後のごく小さな高温物体に噴流を衝突させ, 衝突点近傍での熱伝達率を扱ったものがほとんどである.本研究は直径80mmの上向き伝熱面を有する熱容量の大きい銅製の伝熱ブロックに直径2.2mmの飽和温度の円形水噴流を0.6~2.1m/sの速度で衝突させ, 衝突噴流への沸騰熱伝達特性を実験的に解明したものである.これより, 伝熱面上での気液の流動様相は伝熱面の温度が高くなるにつれて, 強制対流, 核沸騰および飛散液滴の様相へと大きく変化し, それに伴ない伝熱ブロックの表面熱流束分布や表面および内部の温度分布も大きく変化するなどの結果が得られた.

Previous studies on boiling heat transfer by impinging jets are mainly concerned with the impinging point by using small heat transfer surfaces of about 20 mm.<BR>An experimental study of the boiling heat transfer to an impinging water jet on a massive hot block is made.<BR>The upward heating surface is made of copper. Its diameter and nozzle diameter are 80 mm and 2.2 mm, respectively.<BR>The velocity of the impinging jet was varied from 0.6 to 2.1 m/s. Saturated water normally impinged on the heating surface, flowed radially, and subsequently dispersed into the atmosphere.<BR>The present study clarifies that heat transfer characteristics vary with the temperature of heat transfer surface, and also with the distance from the impinging point.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(4), 526-531, 1997-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767735
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4258247
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ