気流による粒子再飛散および遠心分離に基づく粒子-壁間付着力の解析 Analysis of Adhesive Force between Particle and Wall Based on Particle Reentrainment by Airflow and Centrifugal Separation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

気流による粒子再飛散および遠心分離法をもとに分離機構の解析を行った.実験では, 個数基準中位径が21.8~100.6μmの6種類のガラスビーズを用い, 粒子を分離するのに必要な流体抵抗および遠心力を求めた.また, 粒子-壁間の接触部に Hertz の弾性変形を仮定して, 付着力, 重力, 分離力のモーメントバランスモデルを立て, 実験手法に応じて定式化した.実験で得られた分離力から付着力を求めた結果, 実験手法によらずほぼ一致し, モーメントバランスによる解析が妥当であることがわかった.さらに, 分離実験で得られた付着力を各種付着力の理論値と比較した結果, ファン・デル・ワールス力とほぼ一致することがわかった.

The mechanism of particle separation was analyzed by use of the methods of particle reentrainment by airflow and centrifugal separation. Glass beads of six different sizes in a range of 21.8-100.6 μm in count median diameter were used, and the drag and centrifugal forces for particle separation were obtained experimentally. A moment balance model based on adhesive, gravitational, and separational forces was presented on an assumption of Hertzian deformation in a particle-wall contact zone. The model corresponding to each experimental method was formulated, and adhesive force was calculated from the separation force. It was found that the values of the adhesive force agreed with each other irrespective of the experimental methods, showing the analysis based on the moment balance was more reliable. Furthermore, the values of adhesive force obtained from the experiments were compared with various theoretical ones, and it was found that the adhesive force agreed approximately with van der Waals force.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(4), 561-568, 1997-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767799
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4258252
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ