1-ブタノール+エタノールおよびイソアミルアルコール+エタノール系の回分精留における微量のクロトンアルデヒドの挙動 Behavior of Minute Amount of Crotonaldehyde in Batch Rectification of 1-Butanol+Ethanol and Isoamyl alcohol+Ethanol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 碇 醇 IKARI Atsushi
    • 鹿児島大学工学部応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Kagoshima University
    • 幡手 泰雄 HATATE Yasuo
    • 鹿児島大学工学部応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Kagoshima University
    • 愛甲 涼子 AIKO Ryoko
    • 鹿児島大学工学部応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Kagoshima University

抄録

オスマーの装置を使って, 微量のクロトンアルデヒドを含む1-ブタノール+エタノールおよびイソアミルアルコール+エタノール系の気液平衡を, 常圧で測定した.微量成分 (クロトンアルデヒド) の平衡比曲線は特有の形をしていることが示された.<BR>ガラス製のオルダーショー型カラムを用いて, 0.1wt%のクロトンアルデヒドを含む, エタノール, 1-ブタノール, 1-ブタノール+エタノール, イソアミルアルコール+エタノール系の回分精留実験を行った.<BR>蒸留後期になると, 留出液中の微量成分濃度の低下は, 緩やかになる.微量成分の蒸留曲線は, 大量成分の留出液の変わり目でピークを示すことが分かった.<BR>1-ブタノールおよびイソアミルアルコール溶液の回分精留の缶残液から, 最後の留出液よりも遙かに高濃度のクロトンアルデヒドが検出された.

Vapor-liquid equilibria of 1-butanol+ethanol and isoamyl alcohol+ethanol systems containing a minute amount of crotonaldehyde were measured at atmospheric pressure using an Othmer-type still. Equilibrium ratio curves of the trace component (crotonaldehyde) are shown to exhibit a characteristic shape.<BR>Batch rectification experiments of ethanol, 1-butanol, 1-butanol+ethanol and isoamyl alcohol+ethanol systems containing 0.1 wt% crotonaldehyde were carried out using a glass Oldershow-type column.<BR>The lowering of the concentration of the trace component in distillate becomes gentle with the progress of distillation. The distillation curves of the trace component are found to show a peak at the change of distillate of the major components. In the residue of batch rectification of 1-butanol and isoamyl alcohol solutions, crotonaldehyde was detected in much higher concentration than in the last distillate.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(4), 569-573, 1997-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767825
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4258253
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ