豪州褐炭液化プラントの材料試験 Material Coupon Test in Victorian Brown Coal Liquefaction Pilot Plant in Australia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

豪州ビクトリア褐炭の液化研究開発のためビクトリア州モーウェル市に建設した褐炭液化大型パイロットプラント (乾燥炭処理能力50トン/日) の各機器の中に材料試験用の試験片を設置し, プラントの運転条件 (主として腐食環境) と腐食速度, 割れ発生などの関係を調べ, 材料選定の根拠資料としてまとめた.<BR>試験片の種類は全面腐食用, 応力腐食用の2種類で, 材質は36種である.<BR>反応器, 気液分離器についてはオーステナイト系ステンレス綱が, 蒸留塔については高ニッケル基合金かチタンが商業プラントに採用可能なことを確認した.<BR>とくに, 腐食環境が最も厳しい気液分離器について, 腐食速度とCr含有量の関係を, また, 腐食性成分の挙動が最も注目される蒸留塔について, 腐食速度と温度との間の定量的な関係を得ることができた.<BR>プラントシャットダウン時のように, 非定常な条件で発生した反応器の腐食事例も考察した.

Corrosion resistance and cracking behavior of 36 candidate materials have been investigated in Victorian Brown Coal Liquefaction Pilot Plant and the result is described herein. Test coupons for corrosion and cracking have been installed in each equipment in the 50 t/d pilot plant for Australian brown coal. Effects of environments and alloying elements on corrosion and environmental cracking are clarified and documented as references for material selection. Austenitic stainless steel for reactors and vapor/liquid separators, and titanium and high Ni alloy for the fractionating column are recommended as a result of this investigation. In addition to corrosion problems during operation, influences of shut down on corrosion are also discussed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 611-617, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767920
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293923
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ