イミダゾール体の選択的溶解法による光学分割 Optical Resolution of Imidazole Compound by Preferential Dissolution Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イミダゾール体をエタノール水溶液中で, L-10-カンファースルホン酸と塩を形成させて光学分割する際に, 最少量の溶媒から両異性体の塩を結晶として充分析出させた後に, 少量の溶媒を徐々に添加して不要の異性体を優先的に溶解させる光学分割法を見い出した. 溶媒の添加方法にはよらず, 溶媒量により光学純度・収率が決定され, 溶解度から推算した値と一致した. 従来の冷却晶析法と比べ, 安定した収率 (50%) ・光学純度 (97%) で (+) イミダゾール体が得られ, 単位体積当たりの撹拌所要動力をスケールアップ因子として, 1,700<I>l</I>晶析槽で実験を行い, 1<I>l</I>スケールでの実験結果が再現できた.

In the optical resolution of an imidazole compound by formation of salt with L-10-camphorsulfonic acid, an efficient resolution method, namely the preferential dissolution method, was established. After precipitation of both isomers' salts completely from a minimum volume of ethanol aqueous solution, an ethanol aqueous solution is added to the Crystallization Solution stepwise to dissolve preferentially the unwanted isomer. Optical purity and yield do not depend on the addition method, but on the volume of solvent and are estimated with good agreement from their solubilities. In comparison with the conventional cooling method, (+) imidazole compound is steadily obtained with higher yield (50%) and higher optical purity (97%). On the basis of these results, the method is applied to a 1700 <I>l</I>-crystallizer using a power number per volume as a scale up factor and good reproducibility is conformed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 618-623, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767928
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293924
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ