圧電素子を用いた気固2相流中の粒子流量の測定 Measurement of Particle Flow Rates in Gas-Solid Two Phase Flow by a Piezoelectric Probe

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

圧電プローブを用いて気固2相流中の粒子流量を測定する方法の改良を行った. この方法では粒子流量を圧電素子を貼り付けたステンレス製の円盤への粒子の衝突数から測定する. 高域フィルターを用いて, 衝突で生じた最も周波数の高い信号だけを検出する事により, 非常に高い衝突数を計測することができた. このプローブの特性を調べるためにライザー管内の粒子流量の測定実験を行った. またこの装置における衝突のカウント数と粒子流量との関係式を導出した. 衝突のカウント数から計算された粒子流量と実際の粒子流量とを比較し, この実験条件下では両者が良く一致することを示した.

A method of measuring particle flow rates in gas-solids flow by piezoelectric probe has been improved. By detecting only the highest vibrating frequency caused by particle collision through a high pass filter, very high collision numbers can be counted. To access the performance of this probe, experiments measuring particle flow rates in a riser tube were carried out. The correlation equation between the counted collision number and the particle flow rate of these experiments is deduced. The estimated flow rates and real flow rates are compared and show good coincidence.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 624-627, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767935
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293925
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ