活性炭による農薬・フミン質共存系の吸着速度 Adsorption Rate of Agricultural Chemicals and Humic Substances in Aqueous Solution on Activated Carbon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

農地やゴルフ場等に散布する農薬によって水道源水が汚染される恐れがある.そこで, これらの農薬を除去するには活性炭吸着による方法が最適である.しかしながら, 水道源水には常時フミン質が含まれているので, このフミン質が農薬の活性炭吸着に影響を与えるであろう.<BR>そこで, シマジン, クロロタロニル, イソプロチオラン, 2, 4-D, ダイアジノンの5種類の農薬およびフミン質のそれぞれ単独および共存系について, 回分装置により吸着平衡関係と有効表面拡散係数を算出した.<BR>その結果, 単独・共存系の吸着平衡関係はフロイントリッヒ型で示され, 農薬の吸着量は多く, フミン質の吸着量は農薬の1/100程度で少なかった.有効表面拡散係数は他の有機物と同程度であり, 吸着量が増すと大きくなり濃度依存性が示された.農薬・フミン質共存系における農薬の吸着平衡関係は単独の場合よりは低く, 有効表面拡散係数も小さくなり吸着速度が遅くなった.

Recently, public waterways have often been contaminated by numerous agricultural chemicals eluted from agricultural areas and golf links. In practice, however, the surface waters are complicated with coexisting agricultural chemicals and humic substances. Activated carbon adsorption is considered one of the solutions for removal of these agricultural chemicals.<BR>The present work aims to determine adsorption isotherms and rates of adsorption for five agricultural chemicals (CAT, TPN, isoprothiolane, 2, 4-D and diazinon), humic substances, and the coexistence of agricultural chemicals and humic substances on activated carbon.<BR>The isotherms are correlated with the Freundlich equation in the concentration ranges investigated. Surface diffusion was considered to be dominant, and the diffusion coefficients increased with increasing amount adsorbed. The amount of agricultural chemicals adsorbed and the effective surface diffusion coefficients for the coexistence of agricultural chemicals and humic substances were lower than those for single agricultural chemicals.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 628-634, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767940
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293926
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ