膜乳化法で調整した単分散液滴のコアセルベーション法によるマイクロカプセル化 Complex Coacervation Microencapsulatin of Mono-Dispersed Droplets Prepared by Membrane Emulsification

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

安定で粒子径が良く揃ったケロシン液滴をモデル粒子として芯物質に用い, ゼラチン-アラビアゴム系の複合コアセルベーション法によってマイクロカプセルを製作し, カプセル化時の操作諸条件が生成カプセルの膜厚に及ぼす影響を検討した.本報では, 細孔径の揃った多孔質ガラス膜を用いた膜乳化法によって安定で滴径が揃ったケロシン液滴を調整し, これを芯物質とすることにより, 液芯カプセルに一般的に見られる一次乳化時の複雑な影響を排除し, 二次乳化時の操作条件の生成カプセルへの影響のみを取り出して検討することに成功した.<BR>膜乳化法によって得られたエマルションの滴径分布および安定性が検討され, さらに系統立ったカプセル化実験の結果から, 界面活性剤濃度および撹拌速度によって生成カプセルの形状が敏感に影響を受けること, 芯物質量の増加によってカプセルの多核化が進行することなどが明らかとなった.

Microencapsulation of mono-dispersed stable kerosine droplets was carried out by complex coacervation of gelatin and acacia and the effect of operating condition on the membrane thickness of generated capsule is investigated. Mono-dispersed kerosine droplets were prepared using a porous glass membrane with narrow pore distribution. We succeeded in excluding the complicated influence of emulsification of core material on microencapsulation and in investigating the effect of operating conditions of the encapsulation process on capsule morphology separately by the use of mono-dispersed droplets as the core material.<BR>The drop size distribution and stability of the kerosine emulsion prepared by membrane emulsification were measured. The shape of the capsule is influenced sensitively by surfactant concentration and stirring rate. The number of cores included in a capsule increases, as the amount of kerosine increases.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 652-658, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293929
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ