コアセルベーション法による単分散液滴のマイクロカプセル化と生成カプセル膜厚 Microencapsulation of Mono-Dispersed Droplets by Complex Coacervation Method and Membrane Thickness of Generated Capsules

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロポーラスグラスを用いた膜乳化法によって滴径が良く揃って安定なケロシンエマルションを調整し, このケロシン液滴を芯物質としてゼラチン-アラビアゴム系複合コアセルベーション法によってマイクロカプセルの製作を行った.カプセル化過程での酢酸添加量, 冷却速度, 芯物質添加時期, 更にカプセル被膜硬化過程での水酸化ナトリウム添加量, ホルマリン添加量, 昇温速度の各操作条件が生成マイクロカプセルの膜厚やカプセル内に含有される核数に与える影響を検討した結果, 冷却過程における30から20℃迄の温度領域がカプセル化において極めて重要であること, 低酢酸添加量と低冷却速度が生成カプセルの多核化を防止すること, 硬化過程での操作条件は膜厚, 含有核数のいずれにも大きな影響を与えないことが明らかとなった.さらに, これらの結果は芯物質が固体の場合のカプセル化のデータと比較検討された.

Mono-dispersed stable kerosine droplets were prepared by a membrane emulsification method with microporous glass, and their microencapsulation was carried out by complex coacervation of gelatin and acacia. The effects of acetic acid dosage, cooling rate, addition time of core material in the encapsulation process, heating rate, and dosages of sodium hydroxide and formaldehyde in the hardening process on membrane thickness and the number of cores of generated microcapsules are investigated systematically.<BR>It is clear that the 30 to 20°C range in the cooling process is an important temperature range for microencapsulation of kerosine droplets. Low dosage of acetic acid and low cooling rate reduce the number of core included in the capsule, and the membrane thickness and the number of cores in the capsule are almost independent of the operating conditions in the hardening process. Further, the results obtained in the encapsulation of the liquid drop are compared with the data of solid core microencapsulation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 659-665, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002767994
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293930
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ